Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

ケントンが記録的時間でエベレストを登頂!

ケントン・クール

私は、息子のリアムと自分、そしてケントン・クール氏がロンドンのレストランの外でサインと日付入りのシーランド国旗を掲げている写真を見る度に、誇らしい気持ちでいっぱいになります。 私は1952年生まれなので、エドモンド・ヒラリー卿とシェルパのテンジン・ノルゲイがエベレストの初登頂に成功した時、まだ1歳にもなっていませんでした。 私が学校に通うようになった頃でも、それは国家的偉業としてまだ大きな話題になっていました。 2013年に、ケントンは不可能だとされていた偉業を成し遂げました。 「ナショナル・スリー・ピークス・チャレンジ」にも成功した彼は、エベレストの頂上でシーランドの国旗を掲げたのです。 私の両親がシンプルな赤・白・黒の旗をデザインし、1967年9月2日に世界に向けて独立を宣言しシーランド上でその旗を掲げた当時、それがどのような場所に持って行かれるかを想像することはできなかったでしょう。 私の父はケントンのことを「まともな男」とみなしたでしょう。

シーランドの旗を掲げる

ソーシャルメディアでシェア

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントする

貴族の称号を購入

世界最小の国の高貴なナイト (騎士) やロード、レディ、バロン (男爵)、バロネス (女公爵) になろう!

特別

シェア

最近の投稿

Scroll to Top