Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

シーランドのロイ大公

もう早いもので、昨年のこの日に父が亡くなって1年が経ちました。  今晩は記念の杯を掲げることにします。

若き兵士だった父は、イラクでヘビに噛まれ、カミソリの刃を使って毒を切り捨てようと試み、その後ウイスキーをボトル1本飲みました。 それはすべて、今ならそのような状況でしてはならないと教えられていることです。

その後の人生で、父は必ず家にウイスキーのボトルを1本常置していましたが、そのいいわけは

「いつヘビに噛まれるか分からない」というものでした。

お父さん、いなくて寂しいです。

– シーランド公国マイケル公

ソーシャルメディアでシェア

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントする

貴族の称号を購入

世界最小の国の高貴なナイト (騎士) やロード、レディ、バロン (男爵)、バロネス (女公爵) になろう!

特別

シェア

最近の投稿

Scroll to Top