Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

マイケル公の本

シーランドに関するホワイトホールの書簡

ようやく、何年にもわたる執筆と何百時間にもおよぶ研究の結果、拙著が4月初めに上梓されるはこびとなりました。

両方の立場に注目した研究、とりわけ政府の見解や懸念について読み調べた早期の研究は意外な経験で、きわめて興味深いものでした。

その例として、ここにある政府間の書簡をご覧ください。 私の父には、まるでシャーロック・ホームズの「モリアーティ」のような敵がいたようです。私たちの
野望をくじくために、ありとあらゆる手段が尽くされた のです。

シーランド公国のマイケル公  

この書簡に対する返答は、右上に鉛筆書きされています。 私たちにはその一部しか判読できていませんが、欠落部分を判読できる方がいらっしゃいましたら、是非ご教示ください。: これは堂々めぐりしているだけだ。 私はすでに****** が出席したミーティングでマイケル・ベーツの教育の問題を提起したことがあるが、この子は国外にいるため、何らかの有意義な***** の見込みは*****だ。」 


ソーシャルメディアでシェア

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントする

貴族の称号を購入

世界最小の国の高貴なナイト (騎士) やロード、レディ、バロン (男爵)、バロネス (女公爵) になろう!

特別

シェア

最近の投稿

Scroll to Top