Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

マイケル皇子、シーランドの親しい友人を回想する

マイケル皇子はシーランドの親しい友人を回想しました …

1978年8月のドイツ/オランダによる侵略後、 私は数日間、囚人として捕獲され、 オランダの漁船に強制的に乗せられてオランダで解放されました。その後私、私の父、数人のシーランド人が反撃した時、体中にアドレナリンが駆け巡ったものです!

カリスマ的なショーン・コネリーがイアン・フレミングの女たらしで「向こう見ず」なスパイを演じた後、2番目のボンド役を務め、その時の出来の悪さを酷評されたジョージ・レーゼンビー、テリー・サバラスおよびダイアナ・リグが主演した1969年のジェームズボンドの映画、 「女王陛下の007」 を観たことがある人なら 私たちの良き友人であり、シーランドの熱狂的なサポーターであり、ヘリコプターの1台を操縦した俳優兼スタントパイロットのジョン・クルードソンを忘れたことは許されます。 このアクション満載の映画の中で、赤十字の救援物質をイタリアの災害地域に運搬すると見せかけたヘリコプターの一団がジョン・バリーのオーケストラが興奮を掻き立て、マシンガンが乱射されるなか、スイスアルプスの要塞に立てこもる犯人達の頭上を急降下しました。 攻撃を命じられた時、口ひげを生やしたリードパイロット(ジョン・クルードソン)はカメラの方へ振り向いて男らしい笑顔を見せました。ジョン・クルードソン

10年後に誇らしく話したように、彼は「本当に初めて」これを実演しました。 「本物の犯人達」が「本当に発砲」する音が彼の耳の中で鳴る中、彼はなんとかヘリコプターの位置を保持し、荒波の北海上30メートルの高さからシーランドの特殊急襲部隊がロープでシーランドのヘリデッキに降り立ち、この島の要塞を奪回しました。

シーランドのマイケル皇子

ソーシャルメディアでシェア

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントする

貴族の称号を購入

世界最小の国の高貴なナイト (騎士) やロード、レディ、バロン (男爵)、バロネス (女公爵) になろう!

特別

シェア

最近の投稿

Scroll to Top