Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

リベルランドの独立の主張

シーランドの歴史

リベルランドは、クロアチアとセルビアの間のドナウ川の西岸に位置する一区画の領土です。

リベルランドの独立の主張は興味深いものです。 近隣国による領有権がない無主地の根拠となる国境の不明確性が主張された例は、以前からありました。 領有権主張者にとっての最大の課題は、より大きな近隣国から領土を守るのに十分な力が必要だという点です。

シーランドの独立の主張は、イギリスが国際水域に違法に島の要塞を建てたことをその根拠としています。 しかし、これは戦時中に行われたことであるため、周辺国はそれに抗議しませんでした。 この要塞は戦争の終結から数年後に放棄されました。イギリスにはそれを撤去する義務がありましたが、それを怠りました。 この要塞は、現代国家が今でもそのような件について依拠とするローマ時代の国際法である万民法 (jus gentium) により「無主地」(terra nullius) と呼ばれる存在として取り残されました。 1967年のシーランドの独立宣言後、イギリス政府は、同国が戦争中に国際水域に建てたもので残存する最後の要塞だった「Sunk Head」要塞を爆破しました。 同政府は、私たちの要塞を購入することにより所有権を取り戻そうと試みましたが、同時に不正な陰謀行為も試みました。

幸い、概してイギリスはおそらく世界で最も法を遵守する国家であるため、私たちは所有し続けることに成功しました。 それ以来、イギリスは領海を12マイルに拡張しました (1982年の海洋法に関する国際連合条約 (UNCLOS 1982)。 私たちもシーランドの領海を拡張し、チャンネル諸島とフランスの間の場合と同じように、2国間に中間線が引かれるべきであると主張しました。

また、シーランドは長年にわたり他国から事実上認識されてきました。その中でも最も顕著な例は、1978年の国際事件の最中に西ドイツの大使が訪問したという例です。

私たちはリベルランドの独立主張という興味深い試みの成功を祈りつつ、その成り行きを注視していくつもりです。

ソーシャルメディアでシェア

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントする

貴族の称号を購入

世界最小の国の高貴なナイト (騎士) やロード、レディ、バロン (男爵)、バロネス (女公爵) になろう!

特別

シェア

最近の投稿

Scroll to Top