Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

独立から50年

旗を掲揚するマイケル、ロイ、ジョーンとペニー サイズ変更 最小

シーランド公国は、初めて赤・白・黒のカラフルな国旗を掲揚した日から50周年を迎えます。 1967年9月2日、 ベイツ家は、小人数の支援者と世界の報道機関の前で、世界にその独立を発表しました。 そして北海南部に位置する新国家シーランドの存在を宣言しました。 それは、南アフリカのイアン・スミスが一方的独立宣言 (UDI) を宣言し、イギリスの支配からの脱却を図ろうとしていた時期です。 ロイ・ベイツは、自らを公子と宣言し、妻のジョーンを王妃にしました。 発表がジョーンの誕生日に行われたのは偶然ではありません。ロイは海賊でしたが、ジョーンに対してはとてもロマンティックでした。

それから50年後、これらの出来事を記念して、エセックス州のリー・オン・シーにあるBoatyardレストランでディナーパーティーが催される予定です。 世界中から様々な興味深いゲストやシーランドの支援者が参加します。 ゲストとして、国際弁護士、ハリウッド映画のプロデューサー、パイロット、王子、インターネット実業家、ロイの海賊ラジオ局「ラジオ・エセックス」の海賊ラジオDJなどが招かれています。
ゲストは、はるかアルゼンチン、アメリカ、中国などから訪れます。

ソーシャルメディアでシェア

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントする

貴族の称号を購入

世界最小の国の高貴なナイト (騎士) やロード、レディ、バロン (男爵)、バロネス (女公爵) になろう!

特別

シェア

最近の投稿

Scroll to Top