Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

60年代の少年時代の思い出

私が少年だった頃、私の実家はエセックスのソープベイに海辺の小屋を所有していました。 その番号は4bだったと記憶しています。父は私たちが4人のベイツだからだと言っていました そこでたくさんの幸せな時間を過ごしました。

真正面の浜を下っていくと、幅が10フィートはあるコンクリートの防波堤がありました。 その西側の、深さが膝まである浅い水の中を歩いている人たちは、その防波堤にのぼり、その上を歩いて渡り、その反対側の水が深いことを知らずに、その中へと飛び降りるのでした。 警告標識はありませんでした。 当時、安全衛生などという概念はありませんでした。 父はいつも、溺れかけている人を潮の流れから引っ張って救助していました。

私は1962年8月4日のことを昨日のことのように覚えています。父は昼食時にビーチにいる家族に加わりました。 子どもたちの笑い声や人々の楽しそうな音声に囲まれて日向ぼっこをしていると、必死で苦しそうな叫び声が聞こえてきました。 17歳か18歳くらいの二人の女の子たちが速い流れの引き潮によって海に流され、その一人が必死にもがいており、頭が何度も水面下に沈んでは浮き上がってくるのが見えました。 私の父はいつも、ほとんどの人は周りの状況に気づかず、差し迫った危険を素早く認識することも、すぐに反応することもできないと言っていました。

上半身裸でクリーム色の長ズボンを履いていた父は、靴を脱ぎ捨ててビーチを駆け下り、その様子を見つめながら指をさしている人込みの間を縫って、サングラスを砂に投げだしながら走っていきました。 パワフルな泳ぎをする父は、走りながら水に飛び込み、あっという間に女の子たちがいるところまで泳ぎ着きました。 もう一人の勇敢な男性が父の後を追って水の中に飛び込み、二人が力を合わせて女の子たちを陸に引き上げました。

一人はまだ息をしていましたが、もう一人は死んでいるように見えました。 近くの海辺の小屋から、友人たちが助けに駆けつけました。 女性は看護師で、男性は地元の病院に勤務する外科医でした。 息をしていない女の子は浜辺に寝かされ、看護師が、当時の救急蘇生法に従って人工呼吸を始めました。 何分も経過しましたが、生きている兆しはありませんでした。 彼女の命は失われたかのようでした。

道をあけろ、と中年の男性が叫びました。 彼女を背後から掴み上げ、彼女の身体を前屈みにさせて握りしめた拳をお腹に押し込むと、彼は彼女の身体を持ち上げ、ぬいぐるみ人形のように激しく揺さぶりました。 信じられないことに、彼女の口から何リットルもあるかに見える大量の水がビーチに噴き出し、彼女は咳をしてあえぎながら息をし始めました。 私はそれ以前もその後も、これほど型破りな蘇生の成功例を目にしたことがありません。

その後何年にもわたり、その記念日になると女の子たちから父に花やカードが贈られてきました。

あの後、あの二人の女性たちはどのような人生を送ったのでしょう。今ではもう60代になっているはずです。 どなたか彼女たちの消息をご存知の方はいらっしゃいますか?

シーランドのマイケル公

ソーシャルメディアでシェア

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントする

貴族の称号を購入

世界最小の国の高貴なナイト (騎士) やロード、レディ、バロン (男爵)、バロネス (女公爵) になろう!

特別

シェア

最近の投稿

Scroll to Top