シーランド公国・マイケル公子が著した「Holding The Fort」

    • +
    • +

    Personally signed by Prince Michael

- +
  • Incl. of Sales tax
  • Product Number: HOLD
Description
  • シーランド公国のマイケル公子が自ら執筆した、過去50年間のシーランドにおける驚くべき冒険の実話。

    本書は、武装テロリストによるマイケル公子の誘拐、一家による島国の建国、政府による包囲網、政府の最高機密文書、シーランドの夢を終わらせようとした複数の企てにまつわる真実を解き明かします。 本書には、一家のプライベートなコレクションから未公開の写真も掲載されています。 「シーランドの物語は、フィクションよりも奇抜で、ハリウッドよりも優れており、ダリよりも現実離れしています」 - ベン・フォーグル(冒険家、作家、キャスター) 「ソードオフショットガン、夜明けのヘリコプターの急襲、ピストル、気まぐれな発電機、怪しげな税理士、悪巧みを働くギャング、そして少なくとも一回は鼻筋への頭突きが登場するようなストーリーに対して、「ロマンチック」という言葉は即座に思い浮かばないかもしれません。 しかも、その物語の中心は、北海の寒さと暗闇の中に佇む、一見無骨で禁じられた建造物にあります。 しかし、シーランド公国の物語は、きわめてロマンチックです。 この物語は、権力に立ち向かった弱者たちが勝利するという典型的なパターンかつ、古き良きイギリスのエキセントリックな雰囲気の中で、困難に立ち向かう心温まるストーリーです。 この物語は、シーランドのマイケル公子が、生き生きとウィットに富み、華麗に自らの体験を語る、古典的かつすばらしい冒険物語です。 しかし、銃や卑劣な計画を乗り越えた本質の中に、シーランドは家族の物語でもあることがわかります。エセックス沿岸の小さな公国を舞台に、忠誠、尊敬、献身が世代を超えて流れ、ベイツ家の夢、希望、不可能と思われる困難に立ち向かう強靭さが伝わってくるのです。 シーランドの物語は、イーリング・コメディとボンド映画を掛け合わせ、ジョン・ル・カレが脚本したようなストーリーです。この物語はしばしば作り話に包まれ、噂によって傷つけられてきましたが、ついに、この物語を語るのに最もふさわしい人物による決定的なストーリーが完成しました。そして、彼は実にうまく語っています」 - チャーリー・コネリー チャーリーはベストセラー作家で、受賞歴のあるキャスターであり、「Attention all shipping」等の著者でもあります。