シーランド公国マイケル執筆、要塞の保持

シーランド公国マイケル執筆、要塞の保持

$14.99

    • 13.12 $

シーランドの皇太子、マイケルにより執筆された「要塞の保持」(Holding The Fort)はシーランド公国における過去50年以上にわたる驚愕的な冒険の実話です。

この本は武装テロリストによるマイケルの誘拐、彼の家族による島国の建国、 政府の包囲攻撃、 極秘の政府文書、シーランドの夢を挫折するための複数の試みなどを明らかにしています。 以前公表されなかった家族の個人コレクションからの写真が含まれています。

「シーランドの物語は、フィクションより奇想天外で、ダリより非現実的です」-ベン・フォーゲル(冒険家、作者、ブロードキャスター)

「物語が先端を切り詰めたショットガン、夜明けのヘリコプター襲撃、ピストルの射撃、 不安定な発電機、ずさんな税金会計士、 腹黒いギャングスター、少なくとも1つの鼻梁に飛ぶ頭突きを含むとき、最初に『ロマンチック』という言葉は頭に浮かびません。 特に物語の心臓部が、冷たくて暗い北海沖合の魅力のない禁じられた構造にある時は そうです。
しかしながらシーランド公国の物語は明らかにロマンチックです。 負け犬が権威に向かって立ち上がり、勝利する古典的なケースです。昔ながらの英国の奇行に基づくわずかな可能性への戦いを語る心温まるナラティブです。 これは快活な冒険談、シーランド公国のマイケル自身が活気とウィットとともに堂々と語る古典的な少年の物語です。 しかし銃や卑劣なプロットを超えた水面下を見てみると、これらのページから、シーランドはベイツ一家の夢、希望、不可能に見える可能性に対する頑強なスタンスを通して語られる世代とエセックス沿岸の小さな公国の間を流れる家族、忠誠心、尊厳および献身の物語であることが分かります。
シーランドの物語は、ボンド映画とジョン・ルカレによる脚本を掛け合わせたようなイーリングコメディーのように読めます。この話はしばしば誤った通念や噂により中傷されてきましたが、 やっとこの件に最も資格のある男が物語を非常に上手く語ってます。」-チャーリー・コネリー。チャーリーはベストセラーの作者であり、受賞歴のあるブロードキャスターです。彼の著書には「Attention all shipping」が含まれます。

Scroll to Top